やせ体質になろう!発酵性食物繊維がダントツのスーパー大麦

腸でやせスイッチが入る

おいしく食べながらダイエットしたいときに役立てたいのが、腸内の有用菌のエサとなる発酵性食物繊維を豊富に含む穀物ですよ。胃で膨らんで消化吸収を緩やかにし、血糖値の上昇を抑えて体脂肪をためにくいカラダにしたり、過食をおさえるホルモンを腸で分泌させるなど多様な働きを持っているのが大麦です。なかでもバーリーマックスといわれるスーパー大麦は肥満になりにくい人の腸内に多くいる腸内細菌を増やす働きがありますよ。

腸内環境がどんどんよくなる

スーパー大麦がダイエットに向いている理由は、豊富に含まれる発酵性食物繊維にありますよ。フルクタン、グルカン、レジスタントスターチなど腸内細菌により発酵が進むこれらの食物繊維は腸の入り口から奥までまんべんなく届き、しっかりとエサになります。ここで生成されるのが、酪酸などの短鎖脂肪酸ですよ。血糖値の上昇を防いだり、食欲を抑える、脂肪をためにくくするなどの効果があります。実際にスーパー大麦を食べると、短鎖脂肪酸が増える上、有用菌が住みやすい環境を作ってくれるので、良い細菌を増やすこともできるでしょう。

効果的に摂取するために

肥満になりにくい人には腸内にバクテロイデーテス門が特徴的に多く存在することがわかっています。スーパー大麦の効果をダイエットに生かすには、1日12g以上を目安に食べ、主食に積極的にとりいれていくといいでしょう。できれば、朝食に取り入れるとよく、もしおかずに混ぜるときには、主食のごはんやパンの量を減らすといいですよ。

品川美容外科の訴訟まとめサイト

related post