間食はダイエットの敵?食べかた1つで味方になる!

ダイエット中でも間食がしたい!

ダイエットを始めてからも、間食が止められない人はいますよね?無理に我慢しようとするとストレスが溜まり、ドカ食いの引き金になることもあります。間食は時間帯や食べる内容に気をつければ、食べても大丈夫なのです。

間食に適した時間帯は14時から16時の間

なぜ14時から16時の間が適しているのかというと、ビーマル1というタンパク質の分泌量が少ない時間帯だからです。ビーマル1は、脂肪細胞を多く溜め込む働きをします。そのため、同じものを食べてもビーマル1が多い時間帯と少ない時間帯では太りやすさに差が出るのです。間食を14時から16時の間に済ませれば、ダイエット中であっても太りにくいので安心です。もちろん、カロリーが高すぎるものを食べるのは控えてくださいね。

間食のカロリーは、200キロカロリーを目安に

お菓子は洋菓子より和菓子のほうがカロリーが低いものが多いです。また、バターや小麦粉、砂糖などをたっぷりと使っているケーキ類よりも、プリンやアイスなどのシンプルな材料で作られているもののほうがカロリーが低い傾向にあります。体糖質、低脂肪のダイエット食品なども多く販売されているため、それらを食べるのもよいでしょう。自分でお菓子を作れば、甘さの調節も出来てカロリーをカットしやすいです。ナッツやドライフルーツは栄養も豊富なため、間食に取り入れてみてください。

間食をうまく食べてダイエットを成功させよう!

間食をうまく食べることが出来れば、ダイエット中のストレスも軽減出来ます。1日にこれだけなら間食をしてもよいと考えると、モチベーションも高く持てるでしょう。

品川美容外科の裁判まとめサイト

related post