出来てしまったシミは手遅れなの?消せない?

若い頃のツケでしょうか…

20代も後半になってくると、ひとつふたつと出てくる憎いやつ…30代、40代と年を重ねるごとに、どんどん存在感を増してくる、そうシミです。
若い頃の日焼けを後悔している人も多いでしょう。ファンデーションが年齢と比例して厚くなっていくのは、「盛る」ではなく「隠す」ためなんです。

出来てしまったシミは消せるの?

一度出来てしまったシミは基本的に消えません。ビタミンCなど、肝斑治療サプリもありますが、すぐに効果があるわけではありませんし、効き目はゆるやかなものです。
シミ対策、美白効果をうたった化粧品も同様です。使い続けることで「少し薄くなったかも?」というレベルです。もうコンシーラーでカバーするしかないのでしょうか。

レーザーやハイドロキノン治療など、美容外科を味方に

即効性を求める人には、美容外科をおすすめします。
レーザー治療は、黒いものに反射するレーザーの性質を利用して、シミを焼くイメージです。少し痛みもあり、施術後は薄いカサブタが出来ますが、それがポロリと取れた後、シミのないお肌が出現します。
ハイドロキノン治療も美容外科で可能です。こちらは、少し期間が必要ですが、3ヵ月もすればシミが薄くなっていることが実感できるでしょう。強い薬を塗布しますので、少しヒリヒリしますし、治療中は日焼け厳禁です。

シミを作らない、増やさない生活をしましょう

アンチエイジング世代にとって、日焼けは百害あって一利なし!日焼け止め効果のある下地や、帽子などでしっかり紫外線を防ぎましょう。主婦に多い「うっかり日焼け」にも注意。例えば、スッピンで洗濯物を干したり、ごみ出しに行ったり、「短時間だから」と油断しないで、日焼け止め対策をしてくださいね。

品川美容外科の起訴まとめサイト

related post