意外と知らない!乾燥を招きやすいスキンケア

パックを長時間つける

冬などの乾燥しやすい時期は、保湿ケアを重視する必要があります。なかでも美容パックはヒアルロン酸などの保湿成分が凝縮されて配合されているので、乾燥対策として導入されている方は多いのではないでしょうか。ただパックを一時間以上というように長時間肌につけ続ける事は、美容によくありません。その理由は、乾いた状態のパックが次第に肌の水分を奪って乾燥を招いてしまうからです。したがって、美容パックのパッケージに記載された時間を厳守して使用する事が大事です。

熱い湯船に入る事はよくありません

冬場の寒い時期は、熱めの湯船につかってリラックスしたいと考えるものです。ただし41度以上もの熱いお湯に入ってしまうと、乾燥肌にはよくありません。その理由は、皮膚を保護してくれる機能がある皮脂や角質などを一緒に洗い流してしまうからです。肌から潤いがなくなってしまうことで、乾燥やかゆみの原因になってしまいます。さらに、睡眠直前に熱い湯に入る事も夜間の体温が急激に上昇して睡眠中に乾燥を招いてしまいます。したがって、お風呂に入る際は38度前後のお湯に浸かる事が大事です。

クレンジングはクリームがお勧め

毎日のメイクを落す際に欠かせないのがクレンジング剤です。実はオイルクレンジングは界面活性剤が多く含まれているので洗浄力が高く、肌に最もダメージを与えてしまいます。皮膚に必要な皮脂まで奪ってしまうので、乾燥を助長することになります。よって、乾燥を防ぐためには極力肌へダメージの少ないクリームタイプがお勧めです。

品川美容外科の死亡について詳しく

related post