うっかり日焼けでヒリヒリ!シミを防ぐおすすめケア

日焼けしてもシミは防げる!

海や山などアウトドアを楽しむ時は、普段している紫外線対策ではもの足りません。SPFの高い日焼け止めを塗るだけでなく、 外にいる時間が長いほどまめに塗り直しをすることが大切です。そんなことは分かっているけれど、うっかり忘れてしまうことがありますよね。ヒリヒリと赤くなるほど日焼けしてしまった後は、「シミになるのでは?」と不安がつのるばかりです。でも大丈夫!日焼けをしても、アフターケアをきちんとすればシミは防げます。どんなケアをすればいいのか、日焼け後のシミ対策についてご紹介します。

日焼け後のシミを防ぐ3つのポイント

日焼け後、肌が赤くなってヒリヒリしているのは軽い火傷を起こしているような状態です。炎症から肌を守るためにメラニンが生成され、これがシミの原因になります。
シミを防ぐための1つ目のポイントは、「冷やすこと!」。シミを作りたくないからといきなり美白ケアに入るより、まずは冷たいタオルや氷嚢などで火照りを鎮めてあげましょう。冷やすことで、炎症を抑えるだけでなく肌の乾燥も防いでくれます。
2つ目は、念入りな保湿と美白ケアです。火照りが治まったら、保湿成分や美白成分がたっぷり入ったケア製品で集中ケアを行います。この時、インナーケアとして水分補給や栄養補給をするとさらに効果的です。
日焼けしてからメラニン色素が増えるまで72時間掛かると言われています。72時間以内の集中ケアがシミを防ぐ3つ目ポイントになります。うっかり日焼けで後悔しないよう、しっかりケアしてくださいね。

品川美容外科の告訴まとめサイト

related post